スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

人物伝~ノリエス編~

こんにちわ~ん まろこさんですよ(.Д.)



社内的に苦情が殺到している「人物伝」ですが、
回を重ねて4回目です。今日は商会内でも異色の人物をご紹介いたします。



ノリエス 日本のお笑いタレント(R-18指定)
ノリエス

Royalguard随一のテキトー男で、人間的に信用に値しない人、いつか法に触れそうな人、臓器売買やっていそうな人など、商会コンテストでビックタイトルを数多く受賞している。鹿児島からの上京後、劇団「JOKER's」に入団し俳優の道を目指すも挫折。35歳にしてホロ酒場前でダンボール生活を余儀なくされる。数年間の物乞い生活を経てRoyalguardに入会、そのテキトーな芸風を一気に開花させ、周囲に公害を撒き散らした。商会内で敵は多く、基本的に彼の話を信じるものは少ない。だが反面、名言が多いことでも知られている。2012年3月に彼の口から発せられた「コンボの意識な」は、その年の流行語大賞にノミネートされるほどである。最近は仕事の数が減っている影響で、持ち前のテキトー芸風に加え自虐に走る傾向があり「媚nori」と揶揄される。

海賊数が激減しているRoyalguardで未だに「海賊」にこだわりを見せているノリエス。自身が身を置く海賊業界について尋ねてみた。

ノリのPK談義

もうね、申し訳ないけど何言ってんのかわかんないw



おしまいノシ
スポンサーサイト
2013-02-03 16:22 : 人物伝 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

人物伝~クサナギ=モトコ編~

こんばんわーん まろこさんですよ(.Д.)


久々の更新ですね。
明日はE鯖で摸擬大会が開催されますが、当艦隊は人数揃わず出場できませんでした。
先日も募集しましたが、入会ご希望の方はおしらせくださーーーい(・∀・)v



サテテ...


今日は人物伝3人目のご紹介です。
本日ご紹介するのはこの方、クサナギ=モトコ氏です。




クサナギ=モトコ Royalguard艦隊庶務係 (兼)にわとり飼育係
クサナギ=モトコ


艦隊の庶務係と船内でにわとりを飼育することに生き甲斐を感じている孤高の人。飼っているにわとりの名は「タマチコ☆」イスパニア国籍のにわとりである。貧相な役職と地味な趣味にもかかわらず着ている服が豪華。写真の左に写ってるのはシバき合いに使うゴボウ。
以前は冒険と交易をこよなく愛する人であったが、海賊Zophy氏の影響を受け軍人に転向、以降模擬バカとなった。艦隊戦ではガチガチのインファイターとして活躍する一方、過去に食べた枝豆の後遺症から本人との会話には口語訳が必要である。一心不乱に「翻訳こんにゃく」を食べながら模擬する様は、涙を誘う要介護である。(てんとう虫コミックス第12巻参照)
商会内では貧乏商会員を自負しており、年1回開催されるダイス大会ではスタンド「ザ・ダイス」を出して商品を総取りしていく。獲得賞品は高額のものばかりを狙い撃ちにするが、スタンド自体は近距離パワーなし型。本人曰く、「イカサマはバレなければイカサマとは言わないのだよ」

下ネタを発言する商会員に対して非常に厳しい当たり方をするのが有名であるが、下ネタの世界的権威ジェレミー・ブレット氏評によれば、氏曰く「ムッシュ・ムッツリ」とのこと。しかし、キレっぷりが尋常ではないことも事実である。以下はナギモトバーサク状態(節電中)
クサナギ=タマチコ


あまりやりすぎると、口をきいてくれなくなるのでこの辺で。

最後に恒例のインタビュー
なぎもとさんいわく




おしまいノシ
2013-01-19 02:47 : 人物伝 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

人物伝~ジョレミー・ブレット編~

こんばんわ まろこさんですよ(・∀・)v


今年もあと3日ですね。
明日から年末年始のお休みが始まる方が多いと思いますが、
今年は皆様何連休ですかー?楽しい連休ですね。

さて、久々の人物伝。2回目の今日はジョレミーブレット氏です。



ジェレミー・ブレット 第2期商会開拓プロジェクト指揮官。愛称は屯田王、またはジョレミー。
ジョレミーブレット


イングランドに生を受けるも長らくリスボンの商会に属していた。自身40歳の誕生日、とある占い師の勧めでロンドン商会への移籍を決める。ジェレミーは数あるロンドン商会の中から無謀にもRoyalguard商会を選択するが、それは終わりの始まりであったと後に自著「敗北を知りたい」の中で述べている。商会内では表向き姫伯大臣派に所属する。温和な性格で敵をつくる事はしないが、クサナギ=モトコとは度々お菓子の取り合いで喧嘩している。第2期商会開拓プロジェクトが成功裏に終わったことで、屯田王を自称するようになる。屯田王自称後は商会員を強制的に開拓街に赴かせる為に「バルシャでいく、商会開拓街」を企画し、その実行委員長に就任する。レースは警戒無・上納使用不可のドM仕様、参加した10人以上の商会員を恐怖のどん底に突き落とした。Route氏は大会開始直後ドーバー沖で落命。

造船に掛ける情熱は他の追随を許さない。ロイヤルソブリンを作る為に三桁にも上るソブリンを造船したことは記憶に新しい。特に、金マレを会長Zophyに接収されて以降は奴隷的扱いを受けている。以下はその一幕である。飲みかけのグラスでグリグリされて悦んでいる。

バカな人たち


最後に恒例の一言質問。お菓子の取り合いをしつつもリスペクトしているらしいです。

好きな名言



↓おまけ
おまけ



おしまいノシ


2012-12-29 03:53 : 人物伝 : コメント : 8 : トラックバック : 0 :

人物伝~姫伯編~

こんにちわ。まろこさんですよ(・∀・)


今日は昔別ブログでやっていた人物伝をやろうと思います。
人物伝とは、商会員やフレをまろこ視点で問答無用に評していくものです。


第1回目の今日は、「姫伯」さんです。
ある意味で聖域wですが、あえてここにメスを入れていきます。
私がINしなくなったらGMコールされたと思ってください。



姫伯(キハク) 出身はロンドン書庫3番目の本棚で28歳。Royalguard商会初代大臣。

だいじん

商会員からの愛称は「大臣」または「だいじーん」である。愛称の由来は、第1期商会開拓プロジェクト発足直後、めんどくさくなった商会長代行に大臣指名(押し付けられた)されたことに始まる。大臣就任後、開拓プロジェクトを推し進めるも肺病を患い道半ばで事業は頓挫する。その後事業は副会長Routeによる「開拓街破棄ポチっとな事件」を経て、ジョレミー・ブレットの第2期商会開拓プロジェクトに受け継がれることとなる。ジェレミーは自らを「屯田王」と名乗り姫伯の名声を横取りし我が世の春を謳歌した。
姫伯は復権を目指しRG内で武器を配って貧乏商会員(クサナギ=モトコら20名)を手なずけていく。いち早く飛びついたのが商会内で大きな勢力を築いていたZophyであった。彼は武器を交換条件に姫伯の仇敵だったジョレミーブレットから金マレシャルを収奪し、さらには造船奴隷とした。(JB金マレ・ソブリン事件)

性格は比較的温厚であるが、ひとたびネジが緩むと天然過ぎて手が付けられない。そんな彼を如実にあらわしたのが以下のSSである

大臣のお楽しみは

また、彼はRG商会創設時のメンバーであり、商会名簿順位は会長副会長の次である。脳筋色を強めている商会の中で、冒険・交易・移動をこよなく愛する稀有な人物。ひとたび大海戦が起これば商会員の船部品を全て用意するから、商会員からの信頼が非常に厚い。

最後に、そんな大臣に商会に対する想いを聞いてみた。

大臣・・・

大臣・・・。



↓おまけ
だいじんのおまけ


おしまいノシ
2012-12-15 16:58 : 人物伝 : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

まろこ

Author:まろこ
■FINAL FANTASY XIV
Mame:Maroko Crystal
server:Chocobo
FC:Argos
JOB:White Mage

■大航海時代 Online
名前 :まろこ
所属国:英国・葡国
商会名:まろこ商事(リスボン)
子会社:Royalguard(ロンドン)
提携先:リスボン市場(リスボン)
活動方針:眠い目こすって

まろこ商事社員数

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。